古賀 稔彦
古賀塾塾長

教育に「人間力」を

「人生の教科書」夢を実現するために、決心するということが大切です。そして、自分に自ら目標を与える。諦めからは、決して何も生まれません。

出演依頼はこちらから

古賀 稔彦

こが としひこ
1967年11月21日生まれ
福岡県出生 佐賀県出身
血液型はA型 身長170cm
日本の柔道家(八段)
医学博士、古賀塾塾長
IPU環太平洋大学教授
女子柔道部総監督
日本健康医療専門学校校長

オリンピック3回出場
ソウルオリンピック  3回戦進出
バルセロナオリンピック 金メダル
アトランタオリンピック 銀メダル

世界選手権2階級制覇 3回優勝
1989年世界選手権71kg級 優勝
1991年世界選手権71kg級 優勝
1995年世界選手権78kg級 優勝

講演会・テレビ出演の依頼はこちら

経歴

1988年 ソウルオリンピック 3回戦進出

1989年 世界選手権71kg級優勝

1991年 世界選手権71kg級優勝
          
1992年 バルセロナオリンピック 金メダル

1995年 世界選手権78kg級優勝

1996年 アトランタオリンピック 銀メダル

2000年 全日本柔道連盟コーチに就任

2003年 子供の人間育成を目的として「古賀塾」を開塾

2004年 谷本歩実のコーチとして脚光を浴びる 
    (アテネオリンピック金メダル獲得)

2007年 IPU環太平洋大学体育学部体育学科教授
    女子柔道部総監督に就任

2010年 全日本学生柔道大会体重別
    団体初優勝(創部4年目)

2012年 医学博士号を取得

2014年 全日本柔道連盟女子強化委員に就任

2015年 東京オリンピック強化スタッフに就任
(株)日本スポーツエージェント 承認
出展元:エイベックス・エンターテイメント -athlete club-


講演内容

「人生の教科書」

「夢の実現~挑戦することの大切さ~」

夢を実現するために、決心すると
いうことが大切です。
そして、自分に自ら目標を与える。
あきらめからは、決して
何も生まれません。
ライバルが敵ではない。
自分が成長していくために
必要なありがたい競争仲間。
自分自身をどれだけ出せるか。
それは自分次第。

「自分で問題解決できる
選手を育てる」

慣れないことこそ習慣づけが大事。
周囲からのサポートを得るためには
気遣いが出来る人間になること。
仲間への思いや感謝が試合では力になる。
結果や強さを求めるだけでなく
自己表現・挑戦意欲を認め、励ましと応援を。

テレビ出演


古賀塾

今の日本に必要なのは「精力善用・自他共栄」の精神であると思います。
この言葉は柔道の創始者嘉納治五郎師範のお言葉です。
訳すれば「柔道家たるもの、人として生まれて来たからには人の役に立ちなさい。
そして社会のリーダーとして世の中に必要とされる人になりなさい」でしょう。
 

古賀塾は【教育柔道】【競技柔道】の両立を
目指しております。
どんな人にも生まれてきた役目があると思います。
どんなに小さな役目でもいいのです。
その人が持っている役目や才能を引き出していくのが古賀塾の役目だと思い取り組んでおります。
人と人との絆や優しさなど魅力ある人作りそして
柔の心を持った柔道家をしっかりと教育して参ります。

古賀塾五訓

一、 「はい」
  と言う素直な心
一、 「ありがとうございます」
  と言う感謝の心
一、 「私がします」
  と言う奉仕の心
一、 「すみません」
  と言う反省の心
一、 「おかげさま」
  と言う謙虚な心
一、 「ありがとうございます」
  と言う感謝の心

ギャラリー

お問い合わせ 出演依頼

㈱日本スポーツエージェントでは古賀稔彦の講演、各種テレビ、ラジオ、CM出演
及び、原稿書き、柔道教室などの出演依頼を受け付けております。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信